【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第83条 (財政の基本原則)

(財政の基本原則)
自民党改憲案第八十三条
国の財政を処理する権限は、国会の議決に
基づいて行使しなければならない。


財政の健全性は、法律の定めるところにより、
確保されなければならない。
現行憲法第八十三条
国の財政を処理する権限は、国会の議決に
基いて、これを行使しなければならない。


〔新設〕


【Q27】
財政に関して、どのような規定を置いたのですか?

【自民党の答】 (財政健全主義の規定)
 83条に新しく2項を加えて、「財政の健全性は、法律の定めるところにより、確保されなければならない」とし、財政の健全性を初めて憲法上の価値として規定しました。具体的な健全性の基準は、わが党がかつて提出した「財政健全化責任法案」のような法律で規定することになります。

憲法改正草案 第86条 (予算)

 Category : 第7章 財政 [83~91]  Tag : 新設 Q&A Q27
(予算)
自民党改憲案第八十六条
内閣は、毎会計年度の予算案を作成し、
国会に提出して、その審議を受け、
議決を経なければならない。


内閣は、毎会計年度中において、予算を補正
するための予算案を提出することができる。



内閣は、当該会計年度開始前に第一項の議決を
得られる見込みがないと認めるときは、暫定期間に
係る予算案を提出しなければならない。



毎会計年度の予算は、法律の定めるところにより、
国会の議決を経て、翌年度以降の年度においても
支出することができる。
現行憲法第八十六条
内閣は、毎会計年度の予算を作成し、
国会に提出して、その審議を受け
議決を経なければならない。


〔新設〕



〔新設〕




〔新設〕



【Q27】
財政に関して、どのような規定を置いたのですか?

【自民党の答】 (複数年度予算)
 86条4項で、複数年度にわたる予算について、「毎会計年度の予算は、法律の定めるところにより、国会の議決を経て、翌年度以降の年度においても支出することができる」と、明確な規定を新設しました。これは、現行制度でも認めている繰越明許費や継続費などを憲法上認めるとともに、いわゆる複数年度予算についても、法律の定めるところにより実施可能とするものです。