【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

【西沙諸島の戦い(1974年)】 中国は漁船で紛争を引き起こし、ベトナム領の西沙諸島を武力で奪取した。

 Category : 領土問題 Tag : 国防
西沙諸島の戦い(1974年)
 1974年1月15日、ベトナム海軍が西沙諸島を哨戒に訪れた。すると島に中国国旗が立てられており、沖に中国の漁船が碇泊しているのを発見した。ベトナム海軍は中国漁船に退去を命じ、陸上の中国国旗を狙って威嚇射撃を行った。

 1月17日、中国とベトナム双方は増援部隊を現地に派遣。

 1月19日、本格的な交戦状態となった。交戦でベトナム艦隊は次々と損傷し沈没。

 1月20日、中国軍が上陸し、航空機の援護の下で占領した。地上戦で南ベトナム軍は100人が死傷した。

 中国軍は、島に4階建ての建物やヘリポートを整備し、戦車部隊やミサイル艇を駐留させるなど要塞化を進めた。漁船を突出させて紛争を引き起こすという中国の常套手段は成功し、ベトナムは西沙諸島から完全に追い払われた。その後中国は2600m級の滑走路を有する飛行場を建設し、南シナ海支配の戦略拠点としている。