【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第34条 (抑留及び拘禁に関する手続の保障)

(抑留及び拘禁に関する手続の保障)
憲法改正草案第三十四条
何人も、正当な理由がなく、若しくは
理由を直ちに告げられることなく、又は
直ちに弁護人に依頼する権利を与えられることなく、
抑留され、又は拘禁されない。


拘禁された者は、拘禁の理由を直ちに
本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で
示すことを求める権利を有する。
現行憲法第三十四条
何人も、
理由を直ちに告げられ、且つ、
直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、
抑留又は拘禁されない。

又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、
要求があれば、その理由は、直ちに
本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で
示されなければならない。