【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第37条 (刑事被告人の権利)

(刑事被告人の権利)
憲法改正草案第三十七条
全て刑事事件においては、被告人は、
公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。


被告人は、
全ての証人に対して審問する機会を十分に与えられる権利及び
公費で自己のために強制的手続により
証人を求める権利を有する。


被告人は、いかなる場合にも、
資格を有する弁護人を依頼することができる。
被告人が自らこれを依頼することができないときは、
国でこれを付する。
現行憲法第三十七条
すべて刑事事件においては、被告人は、
公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。


刑事被告人は、
すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、
公費で自己のために強制的手続により
証人を求める権利を有する。


刑事被告人は、いかなる場合にも、
資格を有する弁護人を依頼することができる。
被告人が自らこれを依頼することができないときは、
国でこれを附する。