【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

スポンサーサイト

 Category : スポンサー広告 Tag :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正草案 第44条 (議員及び選挙人の資格)

(議員及び選挙人の資格)
憲法改正草案第四十四条
両議院の議員及びその選挙人の資格は、
法律で定める。
この場合においては、人種、信条、性別、障害の有無
社会的身分、門地、教育、財産又は収入
によって差別してはならない。
現行憲法第四十四条
両議院の議員及びその選挙人の資格は、
法律でこれを定める。
但し、人種、信条、性別、
社会的身分、門地、教育、財産又は収入
によつて差別してはならない。

【Q23】
その他、国会に関して、どのような規定を置いたのですか?

【自民党の答】 (44条 議員及び選挙人の資格)
 44条は、両議院の議員及びその選挙人の資格に関する規定です。今回の草案では、14条の法の下の平等の規定に合わせて、差別の禁止項目に、「障害の有無」を加えました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。