【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第47条 (選挙に関する事項)

(選挙に関する事項)
憲法改正草案第四十七条
選挙区、投票の方法その他両議院の議員の
選挙に関する事項は、法律で定める。
この場合においては、各選挙区は、
人口を基本とし、行政区画、地勢等を
総合的に勘案して定めなければならない。
現行憲法第四十七条
選挙区、投票の方法その他両議院の議員の
選挙に関する事項は、法律でこれを定める。




【Q22】
国会議員の選挙制度に関する規定を変えたのは、なぜですか?

【自民党の答】
 47条(選挙に関する事項)に後段を設け、「この場合においては、各選挙区は、人口を基本とし、行政区画、地勢等を総合的に勘案して定めなければならない」と、規定しました。これは最近、一票の格差について違憲状態にあるとの最高裁判所の判決が続いていることに鑑み、選挙区は、単に人口のみによって決められるものではないことを、明示したものです。ただし、この規定も飽くまで「人口を基本と」することとし、一票の格差の是正をする必要がないとしたものではありません。選挙区を置けば必ず格差は生ずるので、それには一定の許容範囲があることを念のため規定したに過ぎません

 なお、この規定は、衆議院議員選挙区画定審議会設置法3条1項の規定を参考にして加えたものであり、現行法制を踏まえたものです。
   (参考)
衆議院議員選挙区画定審議会設置法 第3条
前条の規定による改定案の作成は、各選挙区の人口の均衡を図り、各選挙区の人口(官報で公示された最近の国勢調査又はこれに準ずる全国的な人口調査の結果による人口をいう。以下同じ。)のうち、その最も多いものを最も少ないもので除して得た数が2以上とならないようにすることを基本とし、行政区画、地勢、交通等の事情を総合的に考慮して合理的に行わなければならない。