【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第56条 (表決及び定足数)

(表決及び定足数)
自民党改憲案第五十六条
両議院の議事は、この憲法に特別の定めのある場合を除いては、
出席議員の過半数で決し、可否同数のときは、
議長の決するところによる。


両議院の議決は、各々その総議員の三分の一以上の
出席がなければすることができない。
現行憲法第五十六条 ②
両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、
出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、
議長の決するところによる。

第五十六条
両議院は、各々その総議員の三分の一以上の
出席がなければ、議事を開き議決することができない。

【Q23】
その他、国会に関して、どのような規定を置いたのですか?

【自民党の答】 (56条 表決及び定足数)
 現行憲法56条1項は、両議院の本会議の定足数についての規定で、「両議院は、各々その総議員の3 分の1 以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない」とされています。今回の草案では、この定足数を議決だけの要件とするため、56条2項で、「両議院の議決は、各々その総議員の3分の1以上の出席がなければすることができない」と規定しました。