【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第59条 (法律案の議決及び衆議院の優越)

(法律案の議決及び衆議院の優越)
自民党改憲案第五十九条
法律案は、この憲法に特別の定めのある場合を
除いては、両議院で可決したとき法律となる。


衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした
法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上
の多数で再び可決したときは、法律となる。


前項の規定は、法律の定めるところにより、
衆議院が両議院の協議会を開くことを
求めることを妨げない。


参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後、
国会休会中の期間を除いて六十日以内に、
議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を
否決したものとみなすことができる。
現行憲法第五十九条
法律案は、この憲法に特別の定のある場合を
除いては、両議院で可決したとき法律となる。


衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした
法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上
の多数で再び可決したときは、法律となる。


前項の規定は、法律の定めるところにより、
衆議院が、両議院の協議会を開くことを
求めることを妨げない。


参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、
国会休会中の期間を除いて六十日以内に、
議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を
否決したものとみなすことができる。

【Q21】
衆議院で法律案を再議決するのに必要な「3 分の2」を緩和すべきとの議論は、なかったのですか?

【自民党の答】
 59条2項では、参議院で否決された法律案を衆議院で再議決する場合には、出席議員の「3分の2」以上の賛成が必要としています。この再議決の要件を緩和するべきかどうか党内で議論がありましたが、最終的には変更しませんでした

 議論の中では、「3分の2以上の賛成から引き下げて、ねじれ現象ができるだけ起きないようにすべきではないか。」という意見や、要件を「過半数とする。」という意見もありました。他方で、それでは「参議院の存在を否定するものだ。」という意見も多くありました。間を取って10分の6 とする意見もありましたが、法令上議決権の規定で10分の6 というのも前例がなく、この部分の変更はしませんでした。