【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第60条 (予算案の議決等に関する衆議院の優越)

(予算案の議決等に関する衆議院の優越)
自民党改憲案第六十条
予算案は、先に衆議院に提出しなければならない。


予算案について、参議院で衆議院と異なった議決を
した場合において、法律の定めるところにより、
両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、
又は参議院が、衆議院の可決した予算案を受け取った後、
国会休会中の期間を除いて三十日以内に、
議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。
現行憲法第六十条
予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。


予算について、参議院で衆議院と異なつた議決を
した場合に、法律の定めるところにより、
両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、
又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、
国会休会中の期間を除いて三十日以内に、
議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。