【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第63条 (内閣総理大臣等の議院出席の権利及び義務)

(内閣総理大臣等の議院出席の権利及び義務)
自民党改憲案第六十三条
内閣総理大臣及びその他の国務大臣は、
議案について発言するため両議院に出席することができる。


内閣総理大臣及びその他の国務大臣は、
答弁又は説明のため議院から出席を求められたときは、
出席しなければならない。ただし、職務の遂行上
特に必要がある場合は、この限りでない。
現行憲法第六十三条
内閣総理大臣その他の国務大臣は、
両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも
議案について発言するため議院に出席することができる。

又、
答弁又は説明のため出席を求められたときは、
出席しなければならない。


【Q23】
その他、国会に関して、どのような規定を置いたのですか?

【自民党の答】 (63条 内閣総理大臣等の議院出席の権利及び義務)
 現行憲法63条の後段で定められている、内閣総理大臣等の議院出席の義務を、同条2項として規定し、「内閣総理大臣及びその他の国務大臣は、答弁又は説明のため議院から出席を求められたときは、出席しなければならない。ただし、職務の遂行上特に必要がある場合は、この限りでない。」としました。

 このただし書は、出席義務の例外を定めたもので、現行憲法にはない規定です。特に外務大臣などは重要な外交日程があることが多く、国会に拘束されることで国益が損なわれないようにするという配慮から置いたものです。