【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

憲法改正草案 第66条 (内閣の構成及び国会に対する責任)

(内閣の構成及び国会に対する責任)
自民党改憲案第六十六条
内閣は、法律の定めるところにより、
その首長である内閣総理大臣及び
その他の国務大臣で構成する。


内閣総理大臣及び全ての国務大臣は、
現役の軍人であってはならない


内閣は、行政権の行使について、
国会に対し連帯して責任を負う。
現行憲法第六十六条
内閣は、法律の定めるところにより、
その首長たる内閣総理大臣及び
その他の国務大臣でこれを組織する。


内閣総理大臣その他の国務大臣は、
文民でなければならない。


内閣は、行政権の行使について、
国会に対し連帯して責任を負ふ。