【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

現行憲法と自民党の憲法改正草案を比較する。憲法改正草案とQ&Aは、自民党公式HP上のPDF 『憲法改正草案 Q&A』より転載。

スポンサーサイト

 Category : スポンサー広告 Tag :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正草案 第92条 (地方自治の本旨)

(地方自治の本旨)
自民党改憲案第九十二条
地方自治は、住民の参画を基本とし、
住民に身近な行政を自主的、自立的かつ
総合的に実施することを旨として行う。



住民は、その属する地方自治体の
役務の提供を等しく受ける権利を有し、
その負担を公平に分担する義務を負う。

〔新設〕




〔新設〕



【Q30】
地方自治については、どのような規定を置いたのですか?

【自民党の答】 (92条 地方自治の本旨)
92条において、地方自治の本旨に関する規定を新設しました。従来「地方自治の本旨」という文言が無定義で用いられていたため、この条文において明確化を図りました。また、自治の精神をより明確化するため、これまで「地方公共団体」とされてきたものを、一般に用いられている「地方自治体」という用語に改めました。

94条 地方自治体の議会及び公務員の直接選挙
94条は、地方自治体の議会及び公務員の直接選挙に関する規定です。「地方自治体の住民であって日本国籍を有する者が直接選挙する」と規定し、外国人に地方選挙権を認めないことを明確にしました

96条 地方自治体の財政及び国の財政措置
96条に地方自治体の財政に関する規定を新設しました。地方自治が自主的財源に基づいて運営されることなどを規定しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。